アトリエ・コントン フランス菓子教室9月レッスンカレンダー

東京代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(以下IP)のルセットに基づいて、家庭でも作れる本格的フランス菓子を作ります。厳選された素材にこだわり、オリジナルの道具を使った技術を体験し、IPが表現するフランス的な味わいを追及したお菓子作りをします。

■CLASSE-A 初級クラス 『CAKE AUX ABRICOTS(杏のパウンドケーキ)』(材料と型のイメージ写真ですが)
b0176688_1235365.jpg

『IPのパウンドケーキおいしさ変幻自在』でも表紙を飾っているのがこのパウンド。IPの代表的なパウンドのひとつです。IP直輸入のドライアプリコットとリキュールが香り高く、しっとりほろっと、優しく崩れる歯ざわりです。共立て法でつくるパウンドケーキなので比較的作りやすいです。
基本おひとりずつの実習、ミニパウンド型で焼きあげて(おひとり2台)、自家製アプリコットジャムとグラス(糖衣がけ)の贅沢仕上げ、ちょっぴりおめかしもいたしましょう♪

9月12日(土) 10:00-13:00 定員4名(残) *9/3現在
9月14日(月) 10:00-13:00 定員4名(残

■CLASSE-B 中級クラス 『LE FEDRA(ル・フェドラ)』
b0176688_11474536.jpg

秋のお菓子です。イタリア歌劇のヒロインの名前から、ル・フェドラ。ビスキュイ・ジョコンドゥにガナッシュをサンドした縞縞生地が足元を飾り、ビスキュイ・ショコラ、クレーム・シャンティ・ショコラ、ババロアズ・キャラメルのこっくりした三層に秋風のように爽やかな酸味をきかせているのは、ジュレ・ドゥ・ポンム。リンゴジュースとキャラメルとカルバドス(リンゴのブランデー)づかいのこのジュレは、コーヒーのムース、ブレズィリアンでも存在感をアピールしていました。
チョコレートやカルバドスももちろんIP直輸入製品、ジュレのリンゴジュースは信州産を使用します。
基本ペアで実習していただきますが、パーツが多いので、デモのみの部分もあります。
今回は15cm丸セルクルでおひとり1台仕上げ.....のつもりでしたが、冷やす時間短縮のため直径5.5cmセルクルで仕上げます。そう!ブレズィリアンのサイズです。縞縞模様を合体させて想像してくださいね(笑)
おひとり6個のお持ち帰り、縞縞生地も仕込んでお持ち帰りいただきます。

9月18日(金) 10:00-14:00 定員2名 満 席
9月19日(土) 10:00-14:00 定員2名(残
9月24日(木) 10:00-14:00 定員2名 満 席
9月30日(水) 10:00-14:00 定員2名(残2)

■レッスン料 : CLASSE-A 6000円 / CLASSE-B 8000円
*AB両方受講の場合はCLASSE-Bのレッスン料は7000円になります。
*組み立て式発砲スチロール製保冷ボックス(ABともにお持ち帰りにいいサイズ)・紙袋・Bは保冷剤が含まれています。

■場所 : 松本市南松本 (ご予約完了後詳細ご連絡いたします) 

■お申し込みとキャンセルについて
レッスン参加ご希望の方は content.sk@gmail.com まで。
初めての方はお名前、連絡先のほか、ご住所を添えてメールでお申し込み下さいませ。
折り返し受付完了のメールをお送りいたします。満席の場合はキャンセル待ちも受付けいたします。
キャンセルにつきましては前日・当日の場合は全額申し受けますのでご了承くださいませ。(お菓子とルセットをレッスン当日もしくは翌日までにお受け取りください)

*いずれのクラスも2名様で開催決定となります。
*プライベートレッスンも受付けいたしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

レッスン後は講師の作ったお菓子と美味しいお茶と、秋を彩ったテーブルで楽しみましょう♪
皆様のご参加をお待ちしております。

Atelier Contentフランス菓子教室 クドウサトコ
[PR]

by quedeau | 2009-08-19 13:38 | A.Cレッスンカレンダー

<< 本場のボロネーゼをいただきに Cutting Board >>