杏のパウンド

b0176688_2246174.jpg

まわりのしゃりっと感がやっぱりいいのです、グラス(糖衣がけ)仕上げ。
おめかしは、細かく刻んだ杏とピスタチオ、くねくねとしているのはどうしようかな~と悩んだから?(笑)
一直線でもいいかもしれません。

来月のレッスンでは、この杏のパウンドをCLASSE-A(初級)、ル・フェドラをCLASSE-B(中級)と表記したためか、ル・フェドラは初心者でも作れますか?と初めての方がおっしゃるのならまだしも、以前からの生徒さんまでが私に作れますか??とのお声が(笑) お作りになりたい方を選んでいただけたらと思います。
ル・フェドラはもちろん簡単ですとはいえませんが、どちらかというとパーツが多いので手間がかかるってことでしょうか。

難関は縞縞??  作り方がわかれば難しいものではありません。
でも、ご自宅でこれがすでにあればかなり作る気がでるであろうと思い、レッスンでも仕込んでお持ち帰りいただきます。気が利くでしょ?(笑)

それから、AB両方ご参加の場合は、ル・フェドラのレッスンは1000円引きの7000円となります♪
[PR]

by quedeau | 2009-08-26 23:56 | Atelier Content

<< ル・フェドラの縞縞生地 爽やかな日 >>