苺のショートケーキレッスン

クリスマス休暇、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
イヴの金曜日も昨日も、ちらりちらりと雪が舞って、冷えましたね。
今朝もまだ風の音が寒々し...。
今日は飲み残した赤ワインでお肉をコトコト煮込んで、暖房効果にもしています。
みなさまもお身体にはご自愛くださいませ。

b0176688_216048.jpg

さて、アトリエ・コントンフランス菓子教室12月の "裏テーマ" は "満腹" だったそうです(笑)
ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

苺のショートケーキレッスンの時に撮っていた写真を少々久しぶりにコラージュしてみました。
苺のダックワーズもちゃんとご用意させていただきましたが、盛り盛りすぎて影薄し(笑)

中央は、イルプルーのシュトレンとビルヴェッカ
今年、より一層美味しくなったと評判のイルプルーのシュトレンはマジパンも入った王道タイプ。
イメージよりも軽やかで爽やかにオレンジが香って美味でした。

そして実は、ノエルのお菓子で私がとても好きなのが、ビルヴェッカ。
ドライフルーツがぎっしりのビルヴェッカは、フランス・アルザス地方に伝わるノエルのお菓子。
シュトレンと同じくキリストのおくるみの形をしています。
詳しくは先日のレッスンの解説ともに(そろそろ書き足そうと思っています 汗)来年はたくさん作りたいと思っています。

そして!右上の ”マロンのシュトレン” はコチラから。
自家製酵母を使ったしっかりとしたシュトレン。
毎年作り続けていらっしゃるそうですが、今年はイルプルーの濃ゆいパート・ドゥ・マロンが一役買ったそうです。
美味しいのでレッスン合間にもスライスしてつまんでいたら足りなくなってきて、追加でお願いしちゃいました(笑)

そしてそして!レッスンでお作りいただいた、フランス菓子的な苺のショートケーキはいかがでしたか?
初めての方も頑張ってくださいました。

ローマジパンを使ったリッチな味わいのビスキュイ・オザマンドゥ
そのしっかりざっくりとした生地にたっぷりの苺のポンシュ(シロップ)
口どけがふわっと軽くなる苺のイタメレをあわせたクリーム
仕上げは苺のジュレがけで苺アロマたっぷり、大人の乙女たちのお目目はハート♡♡
この逸品をご自分で作り上げたという達成感も相乗効果抜群だったのではないでしょうか?(笑)

残念ながら今回ご参加いただけなかった方も、よろしければ地物がたくさん出回る春苺で作りにいらしてくださいませ♪
ノエル・フェーヴはつきませんが、お誕生日バージョンやいろいろバージョンのフェーヴがうまくいけばご用意できるかも...。
(それは私の努力次第!?笑)


さてさて、長野で開催されている全日本フィギュアは、ご覧になってますか~?
ドキドキワクワクしながらも、実はなんてことない、TVに釘づけのそんな夜を過ごしている私です(笑)

今夜のクライマックスも、とろとろのビーフシチューをおともにTV観戦の予定です♪



[PR]

by quedeau | 2010-12-26 10:09 | Atelier Content

<< 卯年を迎える準備に 紅茶とミルクチョコレート >>