パート・フィユテ始め

b0176688_8292798.jpg

1月7日の今朝は、"七草粥" で1年の無病息災を願った、ザ・日本人。

遡って昨日の1月6日は、フランスでは公現節(エピファニー)、キリストにまつわる祝日を意識するフランスかぶれな日本人(笑)
 
しかしながら2011年、私の1月6日は "パート・フィユテ始めの日" でもありました。 
昨日は、パート・フィユテ、パイ生地を仕込んで焼きました、ガレット・デ・ロワ。

画像のは小さいサイズ、フェーヴが大きいのではありませんからね(笑)
模様とは別に細かい筋がついているのは、使っためん棒のせいなのですが、これはやっぱりない方がよいですね。


せっかく毎日こんなに冷えるんですもの、活かしましょう。
寒い部屋での作業が適する、パート・フィユテ仕込み。
なんて快適なんでしょう! 毎日がパイ日和!

いいでしょう?こういうポジティブ・シンキング(笑)

ガレット・デ・ロワは、今月のアトリエ・コントンフランス菓子教室でも、ご用意する予定です。
もちろんフェーヴを忍ばせて焼きますし、幸運をゲットした方には王冠も被っていただきますからね~。
ガレット・デ・ロワご一緒に楽しんでみませんか?

MAX私を含めて1/4の確率ではありますが、私と1/2の確率じゃ寂しいでしょ?(笑)
みなさまお誘い合わせの上、ご参加いただけたらと思っております。

私のパート・フィユテ修行の産物消費にも何卒ご協力を...!




さて、先日はエルメで今年はキャレモン・ショコラを買って帰りましたが、作るのは基本でもあり王道のクレーム・ダマンド
(アーモンド・クリーム)のフィリング、ここはもちろんイルプルー・ルセット!

パート・フィユテは、話題の!? NHK教育テレビ "チャレンジ!ホビー" (アオキサダハル氏が講師、片岡鶴太郎氏がチャレンジャー)
"めざせ!あこがれのパティシエ!" ガレット・デ・ロワの回を参考に。

テキストは番組が始まる前に買いながら、これまでの放送分は年明けてからみはじめましたが、なかなか面白いですね。
ビュッシュ・ド・ノエルが崩壊したり、鶴太郎さんが自宅で復習していらしたフルーツケーキが生焼けだったりも(笑)

テキストも、この回はガレット・デ・ロワにまつわるあれこれ、フェーヴについての解説なども載っていて面白いのですよ。

ガレットの表面の模様、今回の私の出来は満足のいくものではなかったのですが(もちろんお味は美味しいのですよ! 笑)
この模様って "太陽" を表しているということ、このテキストで初めて知りました...(汗)

私のは模様入れナイフの力の入れ具合がもうひとつのよう。
テキストの見本になっている姿に近づけたいですね。
さあ、どこまで上達できるでしょうか!(成長後→


*****

ところで、このエピファニー1月6日が日曜でない場合は、以降の最初の日曜日にお祝いします。
といっても、1月中は人が集まればガレットで楽しむもののようですが、一応、今年は1月9日。

松本では、あめ市の時期でもあり、三九郎(いわゆるどんど焼き)の時期ですね。
ということは、そう? だるま! (我が家にはまだおられませんが...) 

ガレットにだるまがモチーフのフェーヴが入ってたら楽しくて縁起もよさそうでしょ~?
なんて、ひとりで前回少し分けていただいた粘土で自主練してみるものの、乾燥中に見事にひび割れ...(涙)
その前に、今の私の技術じゃ微妙なものしか作れないのですけどー(笑)

あめ市ぶらついて、まずは、だるまさんじっくり眺める?撮っちゃう?ついに買っちゃう!?
いずれにせよ、狙いは もじゃもじゃつきの "松本だるま"  です(笑)

本日は、長々とうだうだとお付き合いありがとうございました。

b0176688_8384166.jpg

(注)"だるま" ではありません、"キリスト(おくるみ)" フランス製です!




[PR]

by quedeau | 2011-01-07 22:56 | Atelier Content

<< こっちのだるま 新年も、色鮮やかに >>