苺とホワイトチョコレート

b0176688_0463345.jpg

先月のメニューをリクエストいただき 『苺とホワイトチョコレート』
クリスマスから苺づいているアトリエ・コントンです。
新年は梅模様ヴァージョンでしたが、フレッシュの苺もあわせたくなりました。
お菓子そのものがしっかり甘いので、フレッシュの苺の酸味がいいバランスです。

9×18cmキャドル型仕上げ
苺のクレームをサンドする生地は、フォン・ドゥ・マカロン・オ・ザマンドゥ。
マカロンというよりダックワーズのような生地。
ローストした皮むきアーモンドとグラニュー糖をフープロにかけて使います。
アーモンドの粒々が残って食感も風味もとてもよくなります。

今回は、9×18cmキャドル型についている天板トレイを使って焼きました。
教室では作るお菓子に合わせて、IPの18×18cmの天板を使って1/2にカットして使ったり、
こちらの天板を2枚つかったり。

クレームやババロアを生地でサンドする組み立てはよくあるので、2セットあると作れるお菓子も増えるのかなと...
営業ではなく(笑)使い勝手から思っています。

オマケでついている気のきく(笑)ステンレスミニカードで生地の表面をならしているのは生徒さんです。
ご協力ありがとうございました♪

苺をのせたついでに、ピスタチオのマカロンも♪.....というのは真っ赤な嘘!
乾燥無しマカロン試作のマカロン・UJIですが、色合いは一層春めいてみえますよね~?(笑)遊びすぎ

忙しい毎日だからこそ、自分時間も楽しみたいとお越しくださる生徒さん。
リフレッシュしてまた元気にお過ごしくださいね♪


***************************************

アトリエ・コントン フランス菓子教室 2011年3月レッスンカレンダー →

***************************************




[PR]

by quedeau | 2011-02-24 23:56 | Atelier Content

<< PRALULINE プラリュリン SALON DE LUPINUS. >>