カールスバーダー コーヒーセミナー 2011秋

春に続きこの秋もウィーン在住コーヒーソムリエYoshieさんをお招きしてアトリエ・コントンにて開催することができました、
カールスバーダーコーヒーセミナー。

ウィーン伝統のコーヒーポット、カールスバーダーカネで淹れるコーヒー、初めての方も再びの方もマイカネ持参の方も!
ウィーンの香り存分にお楽しみいただけたことかと思います。ご参加のみなさまありがとうございました。

また、まさかのロストバゲージに台風上陸という過酷な条件の中、常に前向きにセミナー開催へ向け考えを巡らせ困難を乗り越え、
我々に素敵なウィーンの風を運んでくださったYoshieさん、今一度本当にありがとうございました!

荷物が行方しれずとお話を聞いた時には、帰国のタイミングにあわせてして下さったたくさんのお買い物や、大量にしてくださった
コーヒー豆の焙煎も、どうなっちゃうの~??と、おのれエールフランスめ、呪ってやる~な気持ちでおりましたが(笑)
結果的には遅れながらも届いてくれて本当によかったです♪

b0176688_15113413.jpg


今回は、実践編もふまえてのセミナー。
実際にミルで豆を挽いてみたり、カネにセットしてお湯を落としたり、ゆったりとした時間から生まれるコーヒー。
今回もご持参下さったアウガルテンの繊細なコーヒーカップでいただきました。

新たなカネファンも増えたようでしたね?
そして購入後飾っているだけの方も、箱のままだという方も、もちろんすでにご機嫌にお使いいただいている方も♪
お気に入りのコーヒースタイルとして日常に心ゆるやかな時間を持っていただけたらと思います。

写真を撮り忘れてしまいましたが(汗)、シェーカーを使ってアイスのバリエーションコーヒーもご紹介くださいました。

b0176688_1253677.jpg


コーヒーにあわせるお菓子として、セミナー当日はデメルのザッハートルテの他、すみれの砂糖漬け、すみれのチョコレートなどなど
たくさんご用意くださいました。
ラデュレのマカロンまでついちゃいましたね。これはロストバゲージの恩恵?(笑)

b0176688_16121077.jpg

 ひときわ心ときめかせてくれたのが、こちらのお花のチョコレート

 ハーブのチョコレートというべきでしょうか?

 ドライのミントとオレガノに軽くお砂糖とチョココーティング。

 見た目の繊細さと美しさと香りのよさにもうっとりでした。

 ウィーンの ”お花のお菓子” 新たに印象づけられました。


 セミナーでは、ザッハートルテに添えるホイップクリーム(無糖)

 に散らしても♪ いい仕事してましたね~。







b0176688_1792195.jpg

 コぺヌールのチョコレートやコーヒー豆と一緒に遅れて

 来松されたのは、誉れ高きホテル・ザッハーの

 オリジナルザッハーおひとり様サイズ

 この場合、ザッハー”トルテ” ではなくなるそうで・・・

 詳しくはコチラを → 
 


 おかげさまでこんなコーヒータイム

 ご機嫌加減語らずとも伝わってますよね?(笑) 




b0176688_17215459.jpg


ザッハー2種いかがでしたか?

ところで、デメルの三角形のチョコの封印には、こちょこちょと文字が書かれていますよね?

「エドワードによる正真正銘のデメルのザッハトルテ」

と書かれています。

・・・???

ホテル・ザッハーのオリジナルって? 正真正銘のデメルのザッハーって??

気になった方は、ご自分で調べてみましょう(笑)

こういったお菓子にまつわる歴史も面白いものですよね~♪


さて、明日は代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌで平成正義の会コンテスト
Yoshieさんのカールスバーダーコーヒーセミナーの開催です。
また新たなファンが増えそうですね。

Yoshieさん、またお待ちしております♪







 
[PR]

by quedeau | 2011-09-26 18:17 | KARLSBADERKANNE

<< 山本麗子先生の漆器に似合う料理講演会 大人なガーベラアレンジでクルス... >>