カテゴリ:GÂTEAUX( 22 )

今年もパティスリー・ロントのタルト・タタン

b0176688_21344882.jpg

これだけのために小布施町へ出かけてもいいと思うくらい、好みすぎるパティスリー・ロントのタルト・タタン

そう、昨年出会って感激したのです。

だけど今年はりんごなど果物の生育がよく、届いた小布施の青リンゴ・ブラムリーは巨大すぎてひいたうえに、

冷蔵庫に入らなくて涼しそうな所に置いておいたら、あっというまにボケた。。。

そんな今年だったので、もしかしたら昨年のあの歯ざわりはないのでは??

なんて疑ってしまってごめんなさいだ

小布施産紅玉を使った、パティスリー・ロントのタルト・タタン

りんごの香りが濃ゆくぎゅぎゅっと詰まってねちっとするくらいの歯ざわり。。。あぁ♡

今年も頭の中で煮て終わりそうですが(笑)

小布施最高に好きです~

パティスリー・ロントネタはまだ続く。。。



[PR]

by quedeau | 2012-10-28 22:51 | GÂTEAUX

パティスリー・ロントのタルト・タタン

b0176688_127129.jpg

暫定一位に登りつめた

パティスリー・ロントのタルト・タタン

使われているりんごはブラムリーではなく、小布施産の紅玉

この歯ざわりは!!

技術なのかりんごなのか。。。両方ですよね


毎年密かに何台かは作っているのです、タルト・タタン

なかなかこれという出来ばえにはならなかったのですが

もしかしたら今年は進歩できそうな ”気” だけはしてきました(笑)

小玉の紅玉を買って帰っているので、取り組む時間作らねば。。。


b0176688_12333814.jpg


栗は いが栗だけ買って帰りました。




[PR]

by quedeau | 2011-10-11 18:35 | GÂTEAUX

Pâtisserie ICHiÉのヴェリーヌ

b0176688_2081960.jpg

 今日は塩尻へおつかい

 塩尻といえば、パティスリー・イチエさん 

 期待どおりショーケースにはヴェリーヌが並んでいました♪

 今日のところはこちらのふたつをチョイス

 フランボワーズとピスターシュのかわい子ちゃん

 この角度でもフランボワーズの果実からピスターシュがちらっと
 
 見えてますね♪
 フランボワーズの色がちょっとイケてませんでしたが(苦笑)

 後方、夏場はあまり欲しないショコラ系なのですが

 ヴェリーヌになってると、あ、食べたーい♡ となるのです。

 いただくと、もちろん夏らしい軽い口どけのムースの層

 一番下の層のビター感がたまりません。

 


b0176688_20501039.jpg

 せっかくの美しいショコラの層なので、角度を変えて撮ってみます。

 季節的にも明るいトーンで、こんな風に白いスタイリングの中だと

 いただいた時のお味のイメージに近いです。

 夏のショコラムース、ビター感と軽やかさ。。。



 でもね。。。


         でもね。。。

 
                でもね。。。



 ショコラ系の色合いを見ていると

 イメージが膨らんで。。。





好きなのね、こんなテイストで撮りたくなるのです。

b0176688_2017534.jpg

少々こっくり味になっちゃいました?(笑)


グラスもまた増えたことだし?夏の間にきれいな層を活かしたヴェリーヌ、私も作らなくっちゃ!

.....かな??(汗)




*****************

9月15日(木)スタート コントン・フォトクラブ フォトレッスン残席ございます。

詳細はコチラ→ 

ご参加お待ちしております♪

*****************




[PR]

by quedeau | 2011-07-27 22:26 | GÂTEAUX

DIJONNAISE ディジョネーズ

b0176688_2126920.jpg
 チーズレッスンのおみやにカシスのババロアのケーキ

 Dijonnaise ディジョネーズ

 フランス中部ブルゴーニュ地方の中心であるディジョンは、

 マスタードやカシスの産地として有名。

 そのためフランス菓子では、カシスを使ったお菓子に

 ディジョネーズと名づけることが多いのです。
 Pâtisserie francaise imagination finalより


 同じくブルゴーニュ地方のウォッシュタイプのチーズは
 
 マール酒で洗って熟成させるチーズの王様。(今回はその小型版)
 
 相性がいいはずだからあわせていただいてみたかったかも??


 濃い味のIPのお菓子の中でも、カシスのお菓子は特に濃い味なのも

 当然なことだと違った目線からも意識しました。
 
  


 チーズでいろんな土地を旅する気分、美味しいお勉強は自然と熱心になれるものですね(笑)

まずは、先生&みなさま ありがとうございました♪




 
[PR]

by quedeau | 2011-06-24 09:23 | GÂTEAUX

MACARONS AMANDE マカロン・アマンド

b0176688_23394086.jpg

 ラデュレのルセットを参考に、

 MACARONS AMANDE マカロン・アマンド

 (アーモンドのマカロン)


 マカロンコックは変わらずフレンチメレンゲベースですが、

 イタメレ並みの砂糖量

 クレーム・タータなしでしっかり強いメレンゲになります。

 ピエがものたりないです?(笑)
 

 今回も乾燥なしで焼成。

 歯ごたえはある表面ですが

 もう少しマカロナージュして、ラデュレっぽく

 平たくしてみるべきでしょうかねぇ。。。



 

比べてみると
[PR]

by quedeau | 2011-05-09 23:59 | GÂTEAUX

最後に最後のガレット・デ・ロワ物語

b0176688_1221173.jpg

なかなか完璧に記録を残しきれないものなのですが、先日の最後のガレット・デ・ロワのオーブン内での様子は、
こんな感じでした。

パイ生地を閉じるときにクレーム・ダマンドがはみ出しがち(たっぷりだから 笑)だったのですが、
この時は綺麗に閉じることができた分、やはりパイ生地の上がりもこれまでで一番均等でした。

生地の側面にドリュール(塗り卵)やクレームがついたりすると層がくっついて上がりが悪くなってしまうのです。
...ですが、上がりが不均等の時でも、網をのせたりするとそこそこ何とかなるものでしたよ(笑)

ドリュールがちょっと薄めだったので明るめの黄金色に焼き上がりましたが、この模様は "太陽" がモチーフ、
若々しい "生命力" を表すことから、これもまたよろしね、と思っています。
いずれにせよ、焼き上がりにシロップをたっぷり塗ってツヤツヤ仕上げは大切なポイントですね!


さて、最後のガレット・デ・ロワ物語はここから...

ご存じのとおり、このガレットはkouくんの誕生祝いの手土産でした。
そこで、私は考えました。
まずは、母乳に影響が出てはいけないのでラム酒の香りづけはなし。

そして、忍ばせるフェーヴは.....?
ホントはご自慢の手作りマカロンフェーヴを入れたいところ(笑)でも今回はやっぱりこっちね♪

b0176688_1845589.jpg
 
 minaママの2切れ目で、 "おぎゃぁ" と登場
 
 おくるみフェーヴ、kouくん誕生の瞬間!?

 ここはひとつ "ガレット・デ・べべ" 赤ちゃんのガレット!

 .....ウケてもらえましたぁ(笑)


 そもそも、ガレット・デ・ロワは1月6日のエピファニー(公現節)で
 食べらるキリストの誕生を祝うお菓子。

 東方の三博士(王)がキリストの生誕を聞きつけて、ベルレヘムを訪れて
 キリストに謁見し、お祝いの品を贈ったという日なのです。

 最後のガレット・デ・ロワは、キリストならぬkouくん誕生を祝う
 お菓子ね~♪  と、 "おぎゃぁ" を忍ばせて焼き上がるオーブンの中の
 ガレットをムフフ~♪と眺めていたワタシなのでした。
 
 ...ということで、訪れた我々は、お祝いの品オムツケーキを持参した
 東方の三博士な感じ?


b0176688_19315873.jpg
 残念ながら2人になってしまったので、ペコさんにもご参加いただき

 .....

 めでたしめでたし?

 




 


 




 おしまい






 
[PR]

by quedeau | 2011-01-30 20:18 | GÂTEAUX

最後のガレット・デ・ロワ

b0176688_1117893.jpg
 
 クレーム・ダマンド(アーモンドクリーム)とフェーヴを忍ばせて
 閉じた状態のガレット・デ・ロワ。

 クレームでこんもり盛りあがった その表面をなでる時は、
 私がひとり悦に入る時。
 
 すべすべで赤ちゃんのお肌みたい.....と毎回うっとりしていたのですが、
 最後のガレット・デ・ロワを手土産に出かけたその先で...
 
 本物の赤ちゃんのお肌は、もっともっと柔らかくてすべすべでした♪

 

 つづく...






[PR]

by quedeau | 2011-01-27 11:27 | GÂTEAUX

こっちのだるま

b0176688_1215322.jpg
 あめ市に出かけて、結局こっちのだるまさんを買って帰りました。

 塩尻のパティスリー・イチエさんの "ダルマカロン"
 
 昨年に引き続き、Tonicoさんで限定販売の限定フレーバー。
 パッケージも昨年同様Akane BonBonさんによるもの。
 すべてが可愛い♪
 
 キュートなビジュアルでありながら、マカロンのフレーバーは3種とも
 に本格派。

 *ダークチェリーとチョコレート
 *オリーブオイル
 *カラマンジ(英名:カラマンシ)

 ...カラマンジ?(笑)
 カラマンシーと言うフィリピンの代表的なフルーツ。
 シークワーサーやライムのような柑橘系で驚異の美容フルーツ
 なるもの。
 これがまたとっても美味~♪ 

 実は昨日は冷えたらしく、コチラを買ったあたりには頭が痛く
 なりだしていて...。
 今日も昼間はくしゃみ多発の不調なヒト。

 "人ごみ"×"冷え"のコラボにまで敏感になってしまったようでしたが(苦笑)
 昨日帰ってすぐに頂いておけばすぐに治ったかもなくらい、スキッと柑橘系のカラマンジです。
  

あっちのだるまは?
[PR]

by quedeau | 2011-01-10 23:23 | GÂTEAUX

キャラメルプルーンとくるみのコンフィチュール


b0176688_13535047.jpg

コンフィチュールを作る時の参考書は、クリスティーヌ・フェルベールさんの 『小さなジャムの家』

小さなジャムの家

小さなジャムの家

価格:1,890円(税込、送料別)


アルザス産プルーンは、Quetsche/クエッチ。これまた響きがなんとも可愛いこと♪
信州産プルーンもクエッチって呼びたいなぁ...(笑)

一度加熱した後、一晩寝かせて翌日煮詰める製法。
何かにつけ簡略化が好まれる近頃ですが、時間が生む美味しさはちゃんとあります。

仕上げにいちじくのパウンド用のキャラメルと、あとからローストしたクルミを入れました。

b0176688_13525134.jpg

本日はおやつゴーフルです。

b0176688_2131785.jpg

なかなかイメージ通りに撮れましたよ。




[PR]

by quedeau | 2010-10-06 22:52 | GÂTEAUX

棒付きは楽しい♪


b0176688_15302320.jpg


ガトー・バスクの余り生地で、棒付きサブレ。

ついてる意味はないけど、なんだか楽しくなります♪ 
(おこちゃまには危ないけどね)

ついでに??
[PR]

by quedeau | 2010-09-22 15:46 | GÂTEAUX