「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:CUISINE( 12 )

LASAGNUE AL PESTO ジェノベーゼのミルフィーユラザニア

b0176688_10322646.jpg

こちら最近頑張ったこと

パスタマシーンを手にいれて作りたかったパスタのひとつ、ミルフィーユラザニア

薄くのしたパスタをたくさん重ねて、ソースはこの季節にと、ジェノベーゼをあわせたベシャメルソースです。

ベシャメルソースとパルミジャーノのすりおろしを重ねています。

美味しそう??

それが。。。

そうでもない(笑)

なんでしょう、感動がなくてフツーすぎなのです。

なぜぇ~?(笑)

b0176688_10382776.jpg


高さを出したいとはいえ、そこまで深くなくていいよね~な容器で

2人前のつもりで作りましたが、薄くのした分パスタがたっぷりできあがってしまい

薄めに重ねたソースも足りず、何層になったのかもよくわからずでしたが

目標10層を越え14層だったようです(笑)

少なめに重ねた方がよいと思われたソースですが、それにしても少なすぎたよう?

ラザニアに限らずですが、ソースとのバランスも重要ポイントですね。

b0176688_10361721.jpg


生パスタも作るようになると、お店で頂く時の姿勢が一段と真剣になる!予定です(笑)

b0176688_1918198.jpg


とりあえずは、ワタシよくがんばりましたの巻でした。


[PR]

by quedeau | 2012-05-14 19:12 | CUISINE

桜エビとブロッコリーのオレキエッテ

あっという間に桜も満開になり春爛漫な一週間は、花粉症も爛漫。

私の場合夜になると酷くアレルギー症状がでます。。。(涙)

今のところ日中は鼻が詰まらず味覚に影響がでないのが救いです。

b0176688_2105586.jpg


そんなわけで?ブログも滞り気味ですが、まずは先週に引き続き自家製パスタ。

桜エビとブロッコリーのオレキエッテ、なかなか美味しくできました♪


パスタマシーンなしで作れる、orecchiette/オレキエッテ

これがまた理想の形作りが難しいのです。 
 

オレキエッテは耳たぶの意。 

おそらく私制作のものはサイズが少々大きめ、もちもちの ”福耳たぶ” です(笑)

b0176688_22123854.jpg


左から、棒状にのばした生地を細かくカットして、テーブルナイフでくるっと、そしてまたくるっとひっくり返すのです。

ぷっくりとした真ん中は薄くざらっとしていてほしいのですが、このあたりの加減が難しいです。

バーゼで習った時は、しなる刃のナイフでしたが、少し幅あるテーブルナイフを使ってみました。

すると、慣れない上に刃が固いせいで、右手人差し指が疲れすぎました~。

今日もまだマウスを動かす右手人差し指に違和感が残っています(笑)






 
[PR]

by quedeau | 2012-04-21 21:05 | CUISINE

GARGANELLI ガルガネッリ

b0176688_19555889.jpg

出来のよいのを選別して撮影すると、我ながらなかなかの腕前に見えます(笑)

ニョッキボードと菜ばしでできましたが、菜ばしはやはり無駄に長すぎますな。

b0176688_19562026.jpg

base仕込みを名乗るにはまだまだですが、なかなかそれっぽくできました(笑)

b0176688_19591911.jpg

タリアテッレは、早速もう少し幅広いカッターが欲しくなり、そのせいだけではないと思うのですが

なんでしょう、なにかがいまいち。

。。。なんでしょう?

また行かないと、ってことかしらぁ?(笑)

b0176688_21341630.jpg



[PR]

by quedeau | 2012-04-14 21:51 | CUISINE

秋の色

b0176688_958265.jpg

 高糖度パプリカ、ガブリエル夫人?も秋の装い。

 赤色のパプリカですが、よりもクリームを少し多めにあわせると

 よりオレンジ色がかり、味わいもコク感UPで季節感UP♪

 
 アルプス市場で出会った紫色のバジルの葉っぱにも

 ご機嫌さんです。

 
 紫色のバジル・・・

 順調だったら我が家のプランターから摘んで使えたはずでしたが

 すっかり枯れ果て跡形もありません・・・。


 秋の色はちょっぴり感傷的だったりもします(笑)









 
[PR]

by quedeau | 2011-09-05 10:35 | CUISINE

ガブリエルのムース

日曜日あたりには猛暑もお終い、気温は急降下するでしょうとの天気予報に期待して

忘れないうちに(笑)夏のお料理日記も少しずつ残しておきましょう。

b0176688_2303011.jpg


高糖度パプリカ "ガブリエル" 赤と黄の2色でガブリエルのムース

普通のパプリカよりガブリエルさんは、ほっそりスレンダーでした。

真ん中の白はヨーグルトのムース、もちろん甘くないです。(塩・白胡椒・レモン果汁)

ガブリエルのムースの部分にも生クリームではなくてヨーグルトを合わせてさっぱりと夏っぽくしています。

ガブリエルはコチラと同じ調理法で野菜そのものの甘みを十分活かします。

ガブリエルにこだわることもなくて普通のパプリカでも充分美味しいのがホントのところです(笑)



手作りキットで。。。
[PR]

by quedeau | 2011-08-18 13:51 | CUISINE

エディブルフラワーつかいこなし


和食にだって

b0176688_22291274.jpg

ぜひ”東北”の日本酒とご一緒にね。





b0176688_2229513.jpg

いただいたkonamomoさんの自家製酵母マフィン

ダブルサンドにチャレンジで翌日はごきげんランチとあいなりました♪




[PR]

by quedeau | 2011-04-10 22:42 | CUISINE

CUPCAKES SALÉS

b0176688_14434370.jpg

昨年のうどんすき会でマダムNが作ってくださった
カップケーキ仕立てのケイク・サレがとても好みでした。

ケイク・サレというとキッシュの中身のようなのが多くて
だったらキッシュが食べたいかな~と思うものにしか出会わなく、
本屋さんにレシピ本がたくさん並ぶも、探究心に熱が入らないまま
時は過ぎ。。。

そんなある日出会ったパリの人気店『クロエ.S』のルセットに
期待できそうで、スイッチオン! ...なのは、

ちょうどケイク・サレ話で盛り上がったこともあり、
ちょうど塩尻で食べそびれてしまったこともあり、
ちょうどうっかり溶かしバターを作ってしまったこともあり(笑)

焼き上がりはイメージどおりの生地
まわりはカリッと、中はマフィンを軽くしたような食感。

これは私好みです♪







b0176688_2014561.jpg 
 フィリングは、冷蔵庫の残り物で。

 ソテーしたベーコンと炒った松の実とポワブル・ベール(緑胡椒)
 トップはクリームチーズを絞っています。
 
 バリエーションも限りなく生まれますね!

 
 ちなみにトップのアクセントはミニミニラレシ。
 おそらく間引きされたものだと思われます。






[PR]

by quedeau | 2011-03-05 20:30 | CUISINE

鶏とキノコのクレープ


b0176688_16464068.jpg


IP"的"なお食事系クレープ。

クレープの中には、オーブンで皮をパリッと焼いた鶏肉をそぎ切りにしたもの。
今回はスーパーで手に入る信州キノコ(舞茸・はたけしめじ・ミニエリンギ)をソテーと、
グラス・ドゥ・ビアンとワインがベースのバターソース。

b0176688_22262864.jpg

十分美味しいとは、思うのですが...
そろそろ、秋の天然キノコが出回り始めますものね~♪

今度は、信州的に? " 雑キノコ " で!

...って、いまだに慣れない この " 雑キノコ(ざつきのこ) " という呼び方。
なんだかひどくないですか?(笑)

松茸、椎茸以外は、雑キノコ...ナノ??

信州産の天然ものがあるんだと、初夏の頃もうるさかったと思うのですが(笑)、
ヨーロッパじゃキノコの王様のセップ茸/ポルチーニ(ヤマドリタケ)も、他にもジロール茸(アンズ茸)なんてのも、
当然 " 雑キノコ " と分類されてしまうのであります。

もちょっと美味しそうな名称にしてあげて欲しいものです~(涙)




[PR]

by quedeau | 2010-09-23 23:32 | CUISINE

ココナッツカレー

b0176688_13233251.jpg

                          焼きナス入りです。






[PR]

by quedeau | 2010-07-19 21:44 | CUISINE

スペルト小麦とレンズ豆のサラダ

美味しい粒々したサラダが作りたいなぁと思っていたら、クチーナにし村にイメージどおりのサラダがありました。
お店で売っているレンズ豆を買って帰って、作ってみたわけでして。
b0176688_120428.jpg

お店で豆を美味しく茹でるポイントもアドバイスいただいて、チーズはモッツァレラづかい(にし村ではもっとお洒落なチーズだった)だけど、美味しくできました♪

レッドオニオン、セロリ、パセリのみじん切りと色でラディッシュの粗みじんも少々。
調味料は、オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁、塩、胡椒とイタリアンにおなじみのものを使うだけですが、お豆を美味しく茹でるのがポイント!
(ニンニク・ローリエ・野菜切りくずと一緒に茹でて下味をつけます)

お豆を美味しく茹でるポイントと豆料理
本ならスペイン料理研究家 丸山久美先生の「豆とスープが待つ食卓」がオススメですよ。
私はとあるマダムにプレゼントしていただいてから重宝している一冊です。

実はこのところ、先生のブログから妄想スペイン旅行をさせていただいてます。
とっても自然体なのが、親しみやすくって。もちろんお勉強にもなります。
ずーっと、胃袋が刺激されるのですが(笑)

美味しくて、鉄分などのミネラルや良質なたんぱく質が豊富で美肌効果もあり、栄養価の高いお利口なレンズ豆、「豆とスープが待つ食卓」からネタをひとつ...

レンズ豆って、メガネなどのレンズの形に似ているからレンズ豆っていうと思っていませんでしたか?
実は、その逆!
「レンズ」が、レンズ豆の名前からとったのだという.....この「豆」のほうが古くからポピュラーだったのだそうです。
私もこちらの本で初めて知りました。

ついでの写真
[PR]

by quedeau | 2010-04-08 21:11 | CUISINE