カテゴリ:IP卒研Ⅱ( 2 )

マロンとマロンと塩クッキー

b0176688_21331296.jpg

松本に戻った翌日はさっそくポットラックパーティ!
私の担当はいうまでもなく......レッスンの試食と同じ盛りです(笑)

b0176688_21353170.jpg

全国的な冷え込みだったようですが、この日は朝起きてびっくりしました。
近くの山がまっしろ~!
すぐにこの山は紅葉の景色に戻りましたが、背が高くて頭を白くした山々と紅葉の山々が美しい眺めのこの頃です。

b0176688_19344033.jpgさて、レッスンのデモの仕上がりはこんな姿。チョコとマロンの濃厚な一品『ル・ルガン』
数年前、ドゥニさんの夏の講習会でいただいたことのあるお菓子でした。
LE REGAIN(ル・ルガン)フランス語で再生や復活という意味で、以前にあったお菓子を蘇らせたそう。

こんな風なフランス語の名前のついたお菓子は、名前が覚えにくいですよね~。
この日のポットラックパーティでご一緒した方から「ル・ザボイ?ごちそうさまでした」とメールが来ました。彼女の場合は一気に飛躍してしまうのですが!(笑)

ローマジパン入りのビスキュイ・アマンド・オ・ショコラ、ココアだけでなく溶かしたチョコ入りの生地は3枚。
焼きあがった生地の表面は皮製品のような艶があるしっかりした生地。


真ん中には、ガナッシュ・クレーム・オ・ショコラ。2種類のチョコにクレーム・ド・マロン入り。
ムース・マロンは、パート・ド・マロンとバターにクレーム・アングレーズ、”菩提樹”の蜂蜜、ラム酒を合わせたもの。ダーク・ラムを軽くまぶしたマロンのコンフィがちりばめられています。
意外と口どけが軽くて罪なムースです(笑)
といっても、生地やガナッシュ、チョコのグラサージュと出来上がったお菓子は薄めのスライスで十分満足感が得られます。
濃い味の美味しいこの季節にぴったりでした。



b0176688_17421024.jpg今日は栗祭りだね~♪なんていいながら作ったのが 『栗のダックワーズ』
こちらには、”百花蜜”の蜂蜜が使われていますが、ダークラムもしっかりきいて大人味。

マカロンと同じく、ダックワーズもいろんな種類をたくさん作ると美味しくて楽しいですよね。
ちょっと小さめのシャブロン型をたくさん準備して、ダックワーズ祭りもしたいな。



b0176688_1743717.jpg
そして最後は、IPの人気商品『塩味のクッキー』
アーモンド、松の実がたっぷり。
エダムチーズにアーモンドパウダー、おつまみにも美味しい塩味クッキー。
キンキンに冷えていた仕込みの粉類で、手が痛くなるこの感じ、骨の髄が痛くなる感じ...松本の冬のようです(笑)
[PR]

by quedeau | 2009-11-06 22:20 | IP卒研Ⅱ

イルプルーのレッスンへ

b0176688_11574377.jpg

昨年お休みした振り替えで、久しぶりにイルプルーのレッスンでした。
リニューアル後初レッスン、教室のお隣にやってきたエピスリーも初。
小さいスペースですが、イルプルーの製菓材料や道具が上から下までぎっしり詰まって、かえってわくわくする楽しい空間になったかも。
その宝箱のようなスペースの片隅で、お昼休みに厚かましくも(笑)じっくり座り読みしたのが、先月発売された椎名先生のフランス料理本『ちょっと正しく頑張ればこんなにおいしいフランスの家庭料理』

b0176688_204497.jpg

噂どおり素敵な仕上がりでした。
お料理の内容の良さはいうまでもなく、美味しさを伝える写真も、本の質感も。
そして表紙の椎名先生の笑顔も、ですね♪

さてさて、レッスンの方はというと、久しぶりなうえに3メニューのハードなこの日。
途中からは弓田先生の「さぁ、みなさ~ん、急いで~」の声もあり、ゼエゼエしながらなんとか乗り越えた感あり(笑)
しかしながら、知った方も多いメンバーで楽しい進行でした。
ありがとうございました♪

帰りの時間ぎりぎりだけど、座って一息ついて試食。
b0176688_12421422.jpg

エネルギー満タン補給して帰路へと着きました!
この季節にぴったりのお菓子の解説は、またあとで...。
[PR]

by quedeau | 2009-11-04 21:01 | IP卒研Ⅱ