「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:KARLSBADERKANNE( 8 )

カールスバーダー コーヒーセミナー 2011秋

春に続きこの秋もウィーン在住コーヒーソムリエYoshieさんをお招きしてアトリエ・コントンにて開催することができました、
カールスバーダーコーヒーセミナー。

ウィーン伝統のコーヒーポット、カールスバーダーカネで淹れるコーヒー、初めての方も再びの方もマイカネ持参の方も!
ウィーンの香り存分にお楽しみいただけたことかと思います。ご参加のみなさまありがとうございました。

また、まさかのロストバゲージに台風上陸という過酷な条件の中、常に前向きにセミナー開催へ向け考えを巡らせ困難を乗り越え、
我々に素敵なウィーンの風を運んでくださったYoshieさん、今一度本当にありがとうございました!

荷物が行方しれずとお話を聞いた時には、帰国のタイミングにあわせてして下さったたくさんのお買い物や、大量にしてくださった
コーヒー豆の焙煎も、どうなっちゃうの~??と、おのれエールフランスめ、呪ってやる~な気持ちでおりましたが(笑)
結果的には遅れながらも届いてくれて本当によかったです♪

b0176688_15113413.jpg


今回は、実践編もふまえてのセミナー。
実際にミルで豆を挽いてみたり、カネにセットしてお湯を落としたり、ゆったりとした時間から生まれるコーヒー。
今回もご持参下さったアウガルテンの繊細なコーヒーカップでいただきました。

新たなカネファンも増えたようでしたね?
そして購入後飾っているだけの方も、箱のままだという方も、もちろんすでにご機嫌にお使いいただいている方も♪
お気に入りのコーヒースタイルとして日常に心ゆるやかな時間を持っていただけたらと思います。

写真を撮り忘れてしまいましたが(汗)、シェーカーを使ってアイスのバリエーションコーヒーもご紹介くださいました。

b0176688_1253677.jpg


コーヒーにあわせるお菓子として、セミナー当日はデメルのザッハートルテの他、すみれの砂糖漬け、すみれのチョコレートなどなど
たくさんご用意くださいました。
ラデュレのマカロンまでついちゃいましたね。これはロストバゲージの恩恵?(笑)

b0176688_16121077.jpg

 ひときわ心ときめかせてくれたのが、こちらのお花のチョコレート

 ハーブのチョコレートというべきでしょうか?

 ドライのミントとオレガノに軽くお砂糖とチョココーティング。

 見た目の繊細さと美しさと香りのよさにもうっとりでした。

 ウィーンの ”お花のお菓子” 新たに印象づけられました。


 セミナーでは、ザッハートルテに添えるホイップクリーム(無糖)

 に散らしても♪ いい仕事してましたね~。




そして遅れてお越しのこちらで。。。
[PR]

by quedeau | 2011-09-26 18:17 | KARLSBADERKANNE

カールスバーダーカネ コーヒーセミナーのご案内

b0176688_19531021.jpg


お待たせいたしました!

9月22日(木)にアトリエ・コントンにて開催いたします

ウィーンの伝統コーヒーポット カールスバーダーカネ を使ったコーヒーセミナー 参加者募集のお知らせです。

受付開始は、明日 9月6日(火) PM8:00~ メールにて受付です。

ありがとうございます。午前・午後とも満席になりました。

ちなみに、リビングフォトプリントセミナーは 翌日9月7日(水) AM10:00~ です!

*会場の都合上、アトリエ・コントン(クドウ自宅)をご存じの方優先とさせていただきますのでご了承くださいませ。
(9月15日スタート コントン・フォトクラブ7期生のみなさまも含まれます!)

以下の詳細をご確認の上お申し込みくださいませ。

詳細はコチラ・・・!
[PR]

by quedeau | 2011-09-05 20:41 | KARLSBADERKANNE

銀つぎ


巷ではすっかりお馴染みの、こちら我が家の「カールスバーダーカネ」 陶製のウィーン伝統コーヒーポットです。

b0176688_2094067.jpg

 
実は6月30日に起きた松本の地震で、フィルター部分とお湯を落とす中蓋の部分が見事に割れてしまったのですが・・・(涙)

「銀つぎ」が施されてスぺシャルなカネさんになって戻ってきてくれました。

さらによりかっこよくなったでしょう!(嬉)

b0176688_2012868.jpg


木曽平沢 山加荻村漆器店Rieさんに托しておりました。

b0176688_20221013.jpg


あらためましてRieさん、美しく甦らせてくださった荻上先生、本当にありがとうございました。

ブログUPとお礼がちょっと遅くなってしまいまして失礼いたしました(汗)
チップしてしまったお気に入りのカップなども少しずつ、またどうぞよろしくお願いいたします。


おかげさまですっかり我が家のご自慢の逸品して活躍中のカネさん

せっかくなので、フィルターの内側もチラリとお見せいたしましょう(笑)

b0176688_20353641.jpg


挽いたコーヒー豆を直接ここに入れるのですよ。

そして縁に穴のあいた中蓋をして、少しずつお湯を落とすのです。

時間をかけてゆっくりじっくりが美味しさの秘訣・・・


さて、地震の影響で第2便だった大カネさんの松本入りが少し遅れてしまいましたが、

先日待ちかねていた皆様のお手元に無事お渡しできました。

カールスバーダーカネの伝道師 コーヒーソムリエのYoshieさん、お手配等々本当にありがとうございました。

そして、秋のコーヒーセミナー予告!
[PR]

by quedeau | 2011-08-30 21:05 | KARLSBADERKANNE

上陸

 b0176688_2121696.jpg

 まずはカネさん中サイズ上陸いたしました!

 一番上がウォーマーです。

 いい感じです。

 ご注文のみなさまには近々メール差し上げます♪




オマケの。。。
[PR]

by quedeau | 2011-05-23 21:21 | KARLSBADERKANNE

ORANGEN EIERLIKOER オレンジ風味のアイアーリキュール

先週私たちにウィーンの香りを届けてくださったYoshieさんも無事ウィーンに戻られたご様子。
今一度、本当にありがとうございました!日本の桜はYoshieさんの心に沁みわたりましたでしょうか?
今週咲き始めた松本の桜も、春を通り越して初夏のような気候で一斉に咲きほころんでいますよ。


さて、途切れ途切れのご報告ですが。。。
チャリティー・イベントでYoshieさんがご用意くださった
Orangen Eierlikoer オレンジ風味のアイアーリキュール(卵のリキュール /アイアー=卵)を使ったバリエーションコーヒー
(アイアーリキュールでもオレンジ風味のモノはYoshieさんも初めて出会われたそう)

リキュールをたっぷりとカップに注いだ後、コーヒを注ぎ入れ、軽く泡立てた生クリームを浮かべます。
アトリエ・コントンでは、BIOの甘夏をすりおろしてトッピング。
デザート感覚な大人のバリエーションコーヒーでした。

b0176688_075096.jpg


せっかくなのでみなさまに雰囲気も味わっていただきたいと、ご持参くださったウィーンの名窯Augarten アウガルテンのカップで。
思わず小指を立てていただきたくなるような華奢で可憐なカップ♪
マリアテレジアやウィンナーローズの柄も美しくてうっとりでした。


我が家の小さいカネ(ポット)でゆっくりとコーヒーを淹れ、いまだ余韻に浸っております。
やはりカールスバーダーカネで淹れるコーヒーは、口あたりが優しくまろやかに感じます。
適度なコーヒーオイルを含んでいることによるようです。

今日の夕方、現地で開催されたウィーン少年合唱団によるチャリティー・コンサートのニュースが流れていました。
「日本への架け橋」と称されたコンサート、ニュースでは少しだけ「ふるさと」をうたうシーンが。
いつもは分かれて活動する4グループがそろった最強の天使の歌声でした。

ウィーンに戻られたYoshieさんは、このコンサートにも足を運ばれ、被災地の子供たちにもエールを送り続けていらっしゃいます!




[PR]

by quedeau | 2011-04-15 23:47 | KARLSBADERKANNE

スミレの花の砂糖漬け

b0176688_9581653.jpg

先日のチャリティー・イベントにウィーンからYoshieさんがお持ちくださった ”スミレの花の砂糖漬け”

砕いたスミレの花の砂糖漬けをグラスに入れて、スパークリングワイン(この日はノンアルコールで)を注ぐと、
グラスの底から泡がのぼるのとともに、徐々にとても美しいブルーに色づいてゆきました。

せっかくのスミレの花の砂糖漬け、そのままでお召し上がりいただくのを忘れてしまいました(汗)

一粒お口にふくんでみると。。。
ゆっくりとお砂糖が溶けていくのと同時に優しく上品なスミレの香りがふわっと鼻腔をくすぐります。

軽く歯を当てて、カリカリッとお砂糖の結晶を砕きながら口の中で転がすと、花の香りも豊かに広がり
その溶けゆくお砂糖の結晶は ”金平糖” を思わせる、洗練さと素朴さを持ち合わせたお菓子です。


*MEMO*
ウィーンといえばハプスブルグ家。
その歴史を語るにかかせない絶世の美女エリザーベト后妃が、このお菓子をこよなく愛したことで有名です。













 
[PR]

by quedeau | 2011-04-10 22:04 | KARLSBADERKANNE

カールスバーダーカネの決断

b0176688_23381944.jpg


先日、ウィーンよりお越しになった小さいカールスバーダーカネさんは、松本がことのほかお気に召されたようで、
Iターン永住をお決めになりました。

日々仲良く暮らしてゆきたいと思います。

でもね、大きい方もいずれはお迎えしたいと思っていますの。

また、手配ルート整いましたら、とりまとめいたしますね♪



[PR]

by quedeau | 2011-04-08 23:56 | KARLSBADERKANNE

チャリティー・イベント お礼とご報告

b0176688_23582087.jpg

 ウィーンから松本へ

 ウィーン在住のコーヒーソムリエYoshieさんによる

 チャリティー・コーヒーイベント@アトリエ・コントン

 4月5日午前午後と2回開催させていただくことができました。

 まずは、お声をかけてくださったYoshieさん、

 復興支援に対する早々の取り組みから、準備もろもろ

 あらゆる素敵な道具一式、大荷物を携えてのご帰国...!

 なにからなにまで、本当に本当にありがとうございました!

 ただただ心から感謝でございます。
  
 そして、イベントにご参加くださいましたみなさまも

 本当に本当にありがとうございました。



 
Yoshieさんからは早速今回松本で開催されたすべてのイベントの収益金 52200円を、福島県災害対策本部に送金されたと

ご報告いただきました。 ブログでもご報告下さっています→

ひとりひとりができる小さなことが、大きくなるのがしっかりと感じとられますよね。


今回の震災では、被災していない我々も動揺し混乱しショックを受け、ただもう被害の大きさに心を痛めるばかりで

元気を失ってしまいがちに...

それではいけないと思いつつも涙はあふれ、どうしたらいいのかと途方に暮れる方も私同様多かったようです。

Yoshieさんにそんな我々を後押しして頂いた分は、そのまま被災地への応援にこれからも力を注いでいきましょう!

みなさまの力が集結した今回のチャリティー・イベントには、私自身も元気を頂きおなかの底から力がわく思いでした。

本当に本当にありがとうございました。


地震や津波による甚大な被害に福島原発問題、その影響...

広がる様々な問題ですが、将来を見据え様々な面から小さなことでもできる支援をみつけていきたいと思います。

また、自分自身個人の暮らしにおいても、日々普通に暮らせることに感謝し、大切に過ごしていかねばとまたあらためて感じます。



それから...

今回Yoshieさんにご紹介いただき魅了された、ウィーン伝統のコーヒーポット、カールスバーダーカネや
素敵なカップや貴重なショコラについてもレポートさせていただきたいと思うのですが...
大したお手伝いもしていないのに、興味深いYoshieさんのお話に耳を奪われすぎ、写真があまり、というより
ほとんどありませーん(汗)

早速ブログアップしてくださっているみなみなさま、ぜひコメント欄にもリンク残していただけたらと思います。
さらには画像貸して下さいとお願いするかもしれませんがよろしくお願いします...!
また、ブログをお持ちじゃないご参加くださいましたみなみなさまも、感想などをぜひお寄せくださいませ。
 
Yoshieさんのブログの方にもぜひぜひお声をお届けくださいませね!

よろしくお願いいたします♪





 

 
[PR]

by quedeau | 2011-04-07 01:39 | KARLSBADERKANNE