「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アトリエ・コントンフランス菓子教室1月のレッスンカレンダー

アトリエ・コントン フランス菓子教室新年のレッスンは、1月第4週目(1月16日)以降の開催とさせていただきます。
お申し込みの確認につきましては、1月4日(火)以降の返信となりますので、よろしくお願い申し上げます。

アトリエ・コントン フランス菓子教室では、東京代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのルセットに基づいて、ご家庭でも作れる本格的な味わいのフランス菓子作りを目指します。

■■■ 塩味のクッキー ■■■
b0176688_924071.jpg

たっぷりのナッツとチーズにスパイス、大人気の塩味のクッキーです。
9×18cmキャドル型で仕込みます。
*ご用意した生地を焼きあげ、仕込んだ生地もお持ち帰りいただきます。
*レッスンではフードプロセッサーを使用して仕込みます。

1月24日(月)10:00-14:00 (定員3)(残1) 実演・実習&試食&軽いランチ
  25日(火)                 (残3)

*その他日程もお気軽にご相談くださいませ。

■レッスン料 : 8000円


■■■ フィナンスィエ ■■■ シンプル焼き菓子クラス 
b0176688_919326.jpg

焼き立てのまわりカリカリ、中ふわしっとりを味わえるのは作った人だけの特権。
*レッスンでは抹茶のフィナンシェ、その他バリエーションもご紹介いたします。
*お持ち帰りは10個

1月20日(木)10:00-12:00 (定員3)(残0) 実演・実習&試食 *ランチはつきません   
  21日(金)10:00-12:00      (残1)

■レッスン料 : 5000円 


■■■ 苺とホワイトチョコレート ■■■ レッスンご希望ございましたらお問い合わせくださいませ。
b0176688_11302985.jpg
 9×18cmキャドル型を使用します。
 
 フォン・ドゥ・マカロン・オ・ザマンドゥ
 (アーモンドと卵白ベースの生地)
 クレーム・ア・ラ・フレーズ(ホワイトチョコ入りの苺のクリーム)
 シュクル・バニエをあわせた生クリーム&苺のジュレ

 苺のショートケーキがイメージの逸品です。



**************

■場所 : 松本市南松本(ご予約完了後詳細をお知らせいたします)

■お申し込みとキャンセルについて
 レッスン参加ご希望の方は content.sk@gmail.com まで。
 初めての方はお名前、連絡先のほか、ご住所を添えてメールでお申し込み下さいませ。
 折り返し受付完了のメールをお送りいたします。満席の場合はキャンセル待ちも受付けいたします。
 キャンセル料はレッスン日の4日前より発生いたします。(4~2日前50%)
 前日・当日の場合は全額申し受けます(お菓子とルセットをレッスン当日もしくは翌日にお受け取りいただきます)
 円滑な教室運営のため何卒ご理解いただきますようお願い申しあげます。
 みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております♪ 

 それでは、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。     

 2010.12.31 アトリエ・コントン フランス菓子教室 クドウサトコ



[PR]

by quedeau | 2010-12-31 09:56 | A.Cレッスンカレンダー

お正月の花

b0176688_111613.jpg
 今朝はカーテン越しでも外のトーンが明らかにちがいました。
 雪景色の朝、寒いですね。

 昨日は、風知YUKIさんのお正月の花の会へ。

 今年は花器選びから。
 おめでたい雰囲気の朱色に目を惹かれ、椀型親子で制作してまいりました。

 当初の構想 "ぴよ~ん" から "ツンツン" に路線変更となりましたけど(笑)

 椀型アレンジを前に、早くもあったか~いお雑煮が食べたくなっています。





[PR]

by quedeau | 2010-12-30 11:22 | FLEUR

2010年レッスンの大トリに

b0176688_1121890.jpg

アトリエ・コントンフランス菓子教室、今年のレッスンの締めくくりに、懐かしい友人が関西から訪ねてくれました。
ご家族で白馬へスキー旅行の道中におひとり途中下車の旅。
ようこそでした♪

彼女は中学高校の同級生、その後も細く長く...(笑)
何年かに一度の再会、何年か分の近況報告を交わして、何年かぶりにまた "おひさしぶり~!" を繰り返していました。
前回会ったのも5年くらい前の東京。

その時の彼女からは、遊びに来てくれることは容易に想像ついてもフランス料理やお菓子のレッスンをお願いされることは想像できず、
???な気分のままお迎えしてしまいましたが、5年ぶりに情報が更新され(笑)嬉しい変化に再会の喜びもひとしお。

当然、5年もあれば大なり小なり人は変化していることでしょうが、変化する方向がありますものね。
なんて人のことを偉そうには言えず、中学高校さらにはOL時代までを含めても、その当時の私を知る人には、今の私は意外な展開をみせているかと?(笑)

この日は、お口もフルに動かさねばなりませんから、気軽にフィナンスィエ・レッスンとさせていただきましたが、
ブログを見て五感をフルに働かせてイメージを膨らませてくれていた彼女に、ランチは近頃定番のクルスタッドゥ・トゥリアノン(実はこれが正式名称なの 笑)トマトソースとマッシュルームとチーズのキッシュに生菓子も紅茶とミルクチョコレートをご用意しました。

焼き立てのフィナンシェもカリカリふわしっとり、美味しかったでしょ?(笑)
40歳代のうちに!?また再会しましょうね~!
今回は本当にありがとう♪

さて、こんな嬉しい楽しい一日を終え、2010年のアトリエ・コントンフランス菓子教室も営業終了となりました。

今年一年、足をお運びくださいましたみなみなさまにも心よりお礼申し上げます。
教室の運営は私勝手なペースではありますが、来年もまた、美味しい食を通じて少しでも充実した時間を提供させていただけたらと思っております。
変わらぬご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

...と、締めくくりに入っているようではありますが、来月のレッスンカレンダー等も、年内のうちにUPする予定でございますので、
よろしくお願いいたします。

今日はこれからお正月を迎える準備をしに行ってまいります♪



[PR]

by quedeau | 2010-12-29 13:39 | Atelier Content

卯年を迎える準備に

b0176688_1441228.jpg

クリスマスが過ぎ、全日本フィギュアも見届ければ?一気にお正月モード。
迎える新年はうさぎ年ですね。

さて、ご存知風知YUKIさんの "お正月の花の会"、今年もお世話になる予定です。
黄金の花器を持参して、こんもりなアレンジを製作した昨年末(笑)→

YUKIさんの選ぶ素敵な生花やお正月の松などたっぷり用意される空間は、ちょっとしたパワーチャージスポット。
今年はネルスムで開催されます。
生花のパワー頂きに参りましょう!

日時 : 12月28日午後~12月30日午前中まで
場所 : ネルスム
内容 : 花の販売、アレンジの注文販売、ちょこっとレッスン  *完全予約制です

ご予約・お問い合わせは、風知YUKIさんに直接ご連絡を 090-7266-7402
メールアドレスご存知の方はメールでのお問い合わせ、ご予約も可だそうです。

ちなみに、ご一緒できますね~とか、すれ違いで会えそうですね~なんてお話していましたみなみなさま、
私都合で伺うのが一日ズレてしまいました...。

お顔を合わせて〆のご挨拶をしそびれてしまいますが、みなさまどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
来年も楽しい時間をたくさんご一緒させて頂けることを願っております♪



[PR]

by quedeau | 2010-12-26 22:43 | お知らせ

苺のショートケーキレッスン

クリスマス休暇、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
イヴの金曜日も昨日も、ちらりちらりと雪が舞って、冷えましたね。
今朝もまだ風の音が寒々し...。
今日は飲み残した赤ワインでお肉をコトコト煮込んで、暖房効果にもしています。
みなさまもお身体にはご自愛くださいませ。

b0176688_216048.jpg

さて、アトリエ・コントンフランス菓子教室12月の "裏テーマ" は "満腹" だったそうです(笑)
ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

苺のショートケーキレッスンの時に撮っていた写真を少々久しぶりにコラージュしてみました。
苺のダックワーズもちゃんとご用意させていただきましたが、盛り盛りすぎて影薄し(笑)

中央は、イルプルーのシュトレンとビルヴェッカ
今年、より一層美味しくなったと評判のイルプルーのシュトレンはマジパンも入った王道タイプ。
イメージよりも軽やかで爽やかにオレンジが香って美味でした。

そして実は、ノエルのお菓子で私がとても好きなのが、ビルヴェッカ。
ドライフルーツがぎっしりのビルヴェッカは、フランス・アルザス地方に伝わるノエルのお菓子。
シュトレンと同じくキリストのおくるみの形をしています。
詳しくは先日のレッスンの解説ともに(そろそろ書き足そうと思っています 汗)来年はたくさん作りたいと思っています。

そして!右上の ”マロンのシュトレン” はコチラから。
自家製酵母を使ったしっかりとしたシュトレン。
毎年作り続けていらっしゃるそうですが、今年はイルプルーの濃ゆいパート・ドゥ・マロンが一役買ったそうです。
美味しいのでレッスン合間にもスライスしてつまんでいたら足りなくなってきて、追加でお願いしちゃいました(笑)

そしてそして!レッスンでお作りいただいた、フランス菓子的な苺のショートケーキはいかがでしたか?
初めての方も頑張ってくださいました。

ローマジパンを使ったリッチな味わいのビスキュイ・オザマンドゥ
そのしっかりざっくりとした生地にたっぷりの苺のポンシュ(シロップ)
口どけがふわっと軽くなる苺のイタメレをあわせたクリーム
仕上げは苺のジュレがけで苺アロマたっぷり、大人の乙女たちのお目目はハート♡♡
この逸品をご自分で作り上げたという達成感も相乗効果抜群だったのではないでしょうか?(笑)

残念ながら今回ご参加いただけなかった方も、よろしければ地物がたくさん出回る春苺で作りにいらしてくださいませ♪
ノエル・フェーヴはつきませんが、お誕生日バージョンやいろいろバージョンのフェーヴがうまくいけばご用意できるかも...。
(それは私の努力次第!?笑)


さてさて、長野で開催されている全日本フィギュアは、ご覧になってますか~?
ドキドキワクワクしながらも、実はなんてことない、TVに釘づけのそんな夜を過ごしている私です(笑)

今夜のクライマックスも、とろとろのビーフシチューをおともにTV観戦の予定です♪



[PR]

by quedeau | 2010-12-26 10:09 | Atelier Content

紅茶とミルクチョコレート


b0176688_19532064.jpg

さて、クリスマスには苺がさすが人気ですが、アールグレイの紅茶とミルクチョコレートのコンビもあなどれませんのよ(笑)
9×18cmキャドル型使いも、更にひと技プラスの逸品です♪

b0176688_20261567.jpg

明日はもうイヴですね。




[PR]

by quedeau | 2010-12-23 22:28 | Atelier Content

ノエルのフェーヴ

b0176688_2128877.jpg

お気づきでした?苺のショートケーキにのってたのが、ホワイトチョコじゃなかったこと。
ノエル・フェーヴ、陶器なのですよ♪ しかも私のハンドメイド(笑)

ケーキのオーナメントって、好みのモノがないのが毎年の悩みゴト...。
チョコ細工をがんばってみたりしていましたが、
今年はついに、自らノエル・フェーヴ手作りしてみました。
ポルセレーヌ(陶磁器人形)のF先生のご好意で作らせていただきました。
ありがとうございました♪

はじめては欲張らず?シンプルに適度なハンドメイド感(笑)
しかしながら、本人ご満悦、生徒の皆様にもご好評いただいております。
にわかフェーヴ職人ですが、今後の技術向上もお楽しみに??

クリスマス本番には、また飾ってくださいね♪ 
どちらのケーキでもかまいませんから!?(笑)

b0176688_2211596.jpg


その後は、幸運のお守りとなりますように.....の願いをこめて♪



[PR]

by quedeau | 2010-12-23 21:59 | Atelier Content

ノエルな苺ショート

b0176688_019408.jpg




[PR]

by quedeau | 2010-12-20 00:23 | Atelier Content

美味しさお裾分け

b0176688_820442.jpg


今週は、振替でイルプルー卒研Ⅲのレッスンにでかけて来ました。
写真はレッスン後の試食皿。
栗のシブーストゥにデュシェス、盛られておりませんが、クリスマスのお菓子ベラべカ(ビルヴェッカ)も。

レッスン終わる頃取りにこない~?と、ひさしぶりに会いたいIP友人を呼びつけて教室からそのままお裾分け。
子育て奮闘中のママに陣中見舞いな勢いでしたが、さっそくハイテンションな感激お礼メールが届きました(笑)

本科を1年コースで毎週通っていた頃も、レッスンが終わる頃に取り来て~♪と呼びつけて、数人の友人に胃袋の協力をお願いしていました。(一日で2、3台作りますから...)

はじめは呼びつけるのもどう?と思ったものでしたが、だれもが喜んで取りに来てくれていました。
作ったその日が美味しい生菓子がほとんどなので、私としても嬉しく有り難く。

この日の栗のシブーストも表面のキャラメリゼがパリンパリンのうちに食べてもらえて、ますます嬉しいお裾分けでした。

テーブルも久しぶりにマダムNとご一緒できて、レッスンはもちろん、おしゃべりも充実でした?(笑)
ご一緒しましたみなさまもありがとうございました。

あ!この日は、ボスTもついに生で拝ませていただき、振り返れば私は達成感に満ち満ちた充実した一日を過ごしたようです。

先生、スタッフのみなさまもありがとうございました。
と、いうわけで?お菓子の解説はまた後日...。



[PR]

by quedeau | 2010-12-15 16:49 | IP卒研Ⅲ

苺のダックワーズ

b0176688_17395134.jpg


突然ですが、美味しくできてます A.Cオリジナル 苺のダックワーズ。
 
イタリアンメレンゲベースの苺のバタークリームにフリーズドライ苺をサンド。
 
バタークリームの水分を吸ってフリーズドライ苺がちょっと戻ったくらいが美味なのです♪
 
今月のアトリエ・コントンフランス菓子教室では、ご試食いただきますのでお楽しみに...。


12月レッスン残席 → 


1月はアンコールレッスン:塩味のクッキー、シンプル焼き菓子レッスン:フィナンスィエ、
その他もう1メニューを予定しております。




[PR]

by quedeau | 2010-12-11 21:35 | Atelier Content