<   2012年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

シャンパーニュとフランボワーズの氷菓

b0176688_217178.jpg

Sorbet au champagne et aux framboises

シャンパーニュとフランボワーズの氷菓

ただいまシャリッと ”氷菓” でお楽しみいただいています。

こんなぴったりなエディブルフラワーがゲットできたときは、ホントにホントに嬉しいのであります♪

b0176688_21261795.jpg


明日から6月!

来月のレッスンメニューは

*コーヒーとウィスキーのパウンドケーキ
*苺とフランボワーズのダックワーズ
*杏のパウンドケーキ

レッスンカレンダー、詳細は。。。日曜日UPかと。。。


[PR]

by quedeau | 2012-05-31 21:08 | Atelier Content

LA CENDRE ラ・サンドル

b0176688_2035557.jpg


はちみつのヌガーがたっぷり入った La Cendre ラ・サンドル。

ダークラムで香りもふくよかなバターケーキです。

ヌガーは生地に混ぜて焼き上げるのでパリパリではなくなって、香ばしいところが生地に浸みてアーモンドはこりこり?ぽりぽり?

見た目よりも軽めの生地ではありますが、これからの季節にはGlace à la vanille(バニラアイス)を添えてどうぞ。

今年は早くもアイスクリームメーカーが稼働です。

グラスには、パリパリのヌガーを散らしてご一緒に♪


b0176688_20411144.jpg


型はずしで動揺させてしまったみなさまごめんなさいでした~。

でも、果敢に攻めてください?(笑)

ヌガーののりづけバターたっぷりめでどうぞよろしくお願いいたします。。。


[PR]

by quedeau | 2012-05-31 20:53 | Atelier Content

中国茶会 於:10cm

b0176688_1744020.jpg

クラフトフェアその前の週末には、10cmで台北の茶館「小慢」のオーナー・謝小曼さんによる中国茶会へ。

b0176688_1721442.jpg

道具制作:(陶)伊藤環さん・岸野寛さん・村上躍さん・(木工)三谷さん、という贅沢な茶道具一式

b0176688_1854374.jpg

三谷さんの茶則や茶杓、漆が施された茶托は、グレーに見えていますが実は白を混ぜているとか。

年月がたったらどのくらい白がでてくるのでしょうね。

b0176688_17235891.jpg

まずは、ウエルカムティー/包種茶 

b0176688_184780.jpg

そして凍頂、鐡観音、茶葉産地の特徴・歴史、発酵度の違いや淹れる温度などを流暢な日本語で

丁寧に解説いただきながら、一杯め、二杯め、三杯めと味や香りの変化をゆっくりと楽しみました。

b0176688_17405111.jpg

お茶会といっても堅苦しさはありませんが、小曼さんの所作は美しかったです。
b0176688_1833238.jpg

b0176688_17564361.jpg

手摘みの茶葉、たっぷりでてきました(笑)

b0176688_17574110.jpg

それぞれお茶の最後は 「品水」 お白湯をいただきます。甘く感じました。

b0176688_1905649.jpg

お茶だけで頂いて、最後に台湾の南にあるという島?の名産菓子を頂きました。

台湾でもそこへ行かないと手に入らないとか。ピーナッツの素朴なお菓子ですが、とても美味。

一緒に買って帰った鐡観音を入れる前になくなってしまいましたよ。。。
b0176688_190868.jpg

松本らしい五月の休日でした。
b0176688_1991386.jpg





お茶の包み紙。。。
[PR]

by quedeau | 2012-05-31 15:57 | 工芸の五月2012

CRAFTS FAIR MATSUMOTO 2012 ガラスなど

お天気がよくて、ガラスはキラキラ美しかったです。
b0176688_2283738.jpg

b0176688_2285344.jpg

b0176688_2291150.jpg

b0176688_2293450.jpg


b0176688_2295345.jpg

b0176688_2295719.jpg

b0176688_22104099.jpg

b0176688_22125891.jpg


おつかれさまでした♪ 雑~(笑)


美術館の中庭。。。
[PR]

by quedeau | 2012-05-31 15:23 | 工芸の五月2012

CRAFTS FAIR MATSUMOTO 2012 陶磁

五月最後の週末は、クラフトフェアまつもと。

この2日間はマイカーフリー、バス利用と徒歩、よく歩きました。


DNAが反応した?今年初出展の陶磁作家さん。

女性の作家さん、金属っぽい質感も柔らかさがあります。
b0176688_028312.jpg

深い青緑の小鉢も手触りがしっとりとしていて、控えめにキラキラもしています。
b0176688_0302162.jpg

作品に惹かれただけでなく、私は嬉しい衝撃だった彼女のこれからの作品も楽しみです。

さらに初出展の作家さん、錆漆(さびうるし)シリーズがかっこよいのです。
b0176688_133983.jpg

漆をつかうことでこの錆感がでるのだそうです。
b0176688_172710.jpg

2日目は、前面に移動して朝から賑わっていて、やはり場所選びは重要のようです(笑)



大谷製陶所さんは。。。
[PR]

by quedeau | 2012-05-31 15:11 | 工芸の五月2012

シブレットの花


月曜日の金環日食は、NHKとフジのsmapとみていましたが、

外が薄赤く暗くなってきたら少しそわそわしてしまいました。動物園のお猿さんはフツーだったようですが(笑)

b0176688_954147.jpg

さて、Ciboulette/シブレット(英語:チャイブ)、

西洋あさつき、のお花つき

こちらは鑑賞用ではなくちゃんと食用です。

b0176688_10224362.jpg


葉の部分と花弁もほぐしてアボカドディップにあわせて

FUJINOYAさんのマフィンでマフィンサンド♪

ダブルサンドのつもりが、あれ?トリプルサンドになってしまいました(笑)

このシブレット、お花もしっかりと葱の香りがしていてピリリッと存在感があり

サラダの上に丸ままトッピングしてはいますが、丸ままでいくのはキツイです。

b0176688_10355423.jpg


ぱらぱらほぐしくて冷や奴の薬味にも。それだけでテンションあがります(笑)



[PR]

by quedeau | 2012-05-23 10:08 | 日々のこと

可憐

b0176688_8374084.jpg


可憐と表現するのがピッタリなお花を咲かせるこの樹の名前、わざわざ伺ったのに忘れてしまいました。。。(汗)

五月らしい気持ちの良い気候、それだけで幸せ

今日も心地よい一日を♪



[PR]

by quedeau | 2012-05-20 08:48 | 日々のこと

BON WEEK-END!

b0176688_9162538.jpg


今週も「苺とフランボワーズのダックワーズ」と「シャンパーニュとフランボワーズのケーキ」のレッスンと。

みなさまありがとうございました。

雑草までも緑が美しく、寒い冬を耐えた分喜びも大きい季節です。

買ってきてはいるのですが、野山で摘んできたような気分(お庭で、と言いたいところですが)でブーケを作ってます。

緑の粒々の集まりのようなのは、ルバーブの花です。

正直ぼろぼろとおちて大変ではありますが(苦笑)少し赤い色も入っているのがたまりません♡

先週くらいからブーケはお花の持ちにあわせて少しずつ入れ替えて

何度も組みかえているうちに、ブーケのボリュームがどんどん大きくなりました(笑)

シンプルなガラスの円柱の花器に、大谷製陶所のご主人のフラットなドーナツ型のプレートを重ねています。

私の作るバランスの悪いブーケも安定します。。。

b0176688_93210100.jpg


6月も引き続きダックワーズレッスン開講します♪



[PR]

by quedeau | 2012-05-19 09:32 | Atelier Content

ほろ酔い工芸

b0176688_1214738.jpg


先週末「ほろ酔い工芸」の会場、三代澤酒店さんへ、見学?(笑)

作家さんの器や杯で美味しい地酒、この土地ならではの楽しみ方

それがまた、立ち飲みなのが面白いです。

b0176688_1215925.jpg


磁器の器で甘酒を。

ガラスのお皿で酒肴、ロバートさんの山羊チーズや塩麹豆腐など。

飲兵衛でなくても、冷酒がよいでしょ酒肴、車で出てしまったことを後悔です。

写真が以上なのですが。。。(苦笑)


そろそろ夕方といってもまだまだ明るい時間帯でしたが、お客さんは途切れることなく。

本格的な盛り上がりは夜で、大盛況な立ち飲み酒屋だったそうです。



ほろ酔い工芸限定ラベルでおなじみの地酒が五種、ブルー系の綺麗なボトルでした。

そちらは今月末まで販売されているそうなので、器とともにもう一度ゆっくり見れたらと思います。


さて、この週末も忙しいです(笑)


[PR]

by quedeau | 2012-05-19 08:19 | 工芸の五月2012

徘徊珈琲

b0176688_23181528.jpg

昨年までは池上邸の蔵で、ガラス作家さんの装置とともにコーヒーのある風景と

湧水の水出しコーヒーを楽しませてくれたLPACKのおふたりが、今年は街中を徘徊

不安定なお天気のこの日もまだGWの出来事(笑)

ぽつりぽつりと雨粒が落ちてくるので雨雲が行くまで少し待ってからアイスコーヒーをいただく平和な時間。

b0176688_225866.jpg


彼らの活動には美味しいコーヒーを提供するその奥に深い課題があり、活動拠点が現在民藝館丸山邸なるところ。

b0176688_23314135.jpg


どこまでもローカルでディープすぎて、逆に新鮮?みたいなところ。

b0176688_23333643.jpg


普段の暮らしでは言葉を交わすこともなかろう人々との出会いには、

ちょっぴり不安を感じながらも心地よい刺激もあったりして心が鍛えられる気がします。

もらったA4サイズ両面印刷の指示書もしっかりとした読み物。

静かに熱い読み物でした。

b0176688_123128.jpg




松本そだち。。。
[PR]

by quedeau | 2012-05-18 23:08 | 工芸の五月2012